矢島里佳の本、発売中!
コミックエッセイ「その常識もしかして非常識?!〜自分を魅せる本当のマナー〜」発売中!
なでしこ可憐だぁー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
矢島里佳の本です!お近くの本屋さんにないときはこちらでどうぞ!
CATEGORIES
チャンピオンステージの審査をしていただいた、日本現代作法会会長の篠田弥寿子先生の本です。
STAGE1、2の審査員をされた恭子先生の師である、岩下宣子先生が書き下ろされた本です。
MOBILE
qrcode
RECOMMEND
<< 徳島から帰り、恵比寿大学にて講演会でございました。 | main | 祝☆完全地デジ化!!と、23歳の誕生日・・・♪ >>
入曽精密斎藤社長×大河内邦夫氏×矢作千鶴子氏!!スペシャルコラボ♪
入曽精密の斎藤社長にお誘いいただき、大河原邦男さんと、矢作千鶴子さんのトークショー『APPLE PREMIUM TALK 第3回「想像力が作り出す日本人の伝統美」を大河原邦男氏に聞く』にお伺いしました。

入曽精密の斎藤社長が、大河原さんがデザインなさった、iPhone4のカバーケースを得意の超微細加工でお作りになったというところから、今回のご縁がスタートいたしました。

斎藤社長には、以前からお世話になっており、私が日本のものづくりが大好きなので、きっと素敵なご縁になるはずとお考えになって、お誘いくださったそうです。(斎藤社長、ありがとうございます!)

大河原さんは、アニメーション作品における日本最初の専門メカニックデザイナーさんです。特に、『機動戦士ガンダム』に登場するモビルスーツのデザインで有名な方でございます。

矢作さんは、Do Justiceの代表で、伝統工芸品産地プロデューサーを努めていらっしゃることで有名な方でございます。

矢作さんがコーディネーター役を務められ、お二人で日本の伝統と現代を対比しながら、ものづくりの心に迫っており、とても興味深かったです。

お二人のお話は私自身が取り組んでいる活動にとてもリンクする内容が多く、「うんうん。」と頷きながら聞き入っておりました。

中でも、大河原さんが「ガンダムの頭にちょんまげが乗っかっているんだよ!」、「ガンダムは江戸時代など日本の歴史を参考にしてそれぞれの魅力をプラスして作られているんだよ。」と、おっしゃったときは、とてもびっくりいたしました。

ガンダムの魅力は多々あると思いますが、国民的にガンダムが愛され、多くの人々が心惹かれる理由の1つとして、私たちのDNAに刻み込まれた何かが反応しているのかもしれないと感じました。

大河原さんが、ガンダムの頭を黒く塗ってみると、ちょんまげなどがよくわかるよ!」とアドバイスしてくださいました。
(ガンダムの塗り絵を探して、黒く塗ってみようと心に誓いました。)

トークショーの後は、関係者で懇親会がございました。

最後にみんなで記念撮影をいたしました♪
みんなで記念撮影

おまけ☆

この日、大河原さんがお持ちになっていたバッグです。

ちょっとメカっぽくて、さすがだな〜と思っていたら、さらなる仕掛けが・・・

20110723_180450.jpg

大河原さんの似顔絵が刻まれていました!!!
似顔絵のUP
 
素敵すぎます・・・♪

本当に素敵な時間をありがとうございました!
| 近況報告 | 18:34 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 18:34 | - | - |
コメント
こんぺい>ありがとうございます!

「自分が知っているようで実は知らなかった一面を知ると見直してしまうことがあります。」

これ、すごくわかります!私も、職人さんとお話ししていて、「えっ?!そうなんですか?!」とびっくりしてしまうような、素敵な一面をさらっと言われると、ますます興味を持ってしまいます。

最近、私が心惹かれる職人とはいったいなんなのか、職人の定義を考えてみるようにと、大学院の先生に言われるのですが、一言で定義すると、オタクなんじゃないかと、昨日ふと思ったのです。この路線で、またじっくりと定義を考えてみたいと思います!
| なでしこりか | 2011/07/24 6:10 PM |
里佳さん、お誕生日おめでとうございます。
普段は読むだけですが、コメントを残します。

で、ガンダムの頭にあるのは「ちょんまげ」がモチーフだったんですか!
初めて知りました。
だからビームサーベルが妙に板についているのですね。

ガンダムはさておき、時々この様なシチュエーションで思い出すことがあります。
昔から自分での知っていると思っている物、事、人など、
何かの折に普段と違う一面を発見すると、その魅力をより感じる事がよくあります。

男子は普段からちょっといいなと思っている女子が
夏祭りで浴衣とか着ているのを発見したりすると....の法則
あれと同じです。

伝統工芸なども同じで自分が知っているようで実は知らなかった一面を知ると見直してしまうことがあります。
(そういえば、藍染の藍には抗菌や虫よけ、蛇よけの効果があることを初めて知ったとき、藍染をちょっと見直してしまいました。)

新しい一年もまた
私のとって何か新しい発見になるようなことが このブログに書き込まれることを
何となくですが期待せずにはいられません。
| こんぺい | 2011/07/24 2:55 AM |
コメントする